memoryfolder

メモです

cythonコンパイルやり方

簡単に。

2008にVCディレクトリが何故か無かったので2015を使わせる

SET VS90COMNTOOLS=%VS140COMNTOOLS%

 

で実行

python setup3.py build_ext --inplace

python

import pyximport; pyximport.install(pyximport=True)

import module

 

でok

ipythonなら

%load_ext Cython
!SET VS90COMNTOOLS=%VS140COMNTOOLS%

から始める

cythonで “fatal error: numpy/arrayobject.h: No such file or directory”

cython compile error cl.exe' failed with exit status 2\n

かと思ったらおおもとの原因はタイトルのだった

 

python - Cython: "fatal error: numpy/arrayobject.h: No such file or directory" - Stack Overflow

これで解決

C:\Python27\Lib\distutils\distutils.cfg

[build_ext]
include_dirs= C:\Python27\Lib\site-packages\numpy\core\include
と書くだけ

windows10、ipython notebook上でpyximportするとコンパイルエラー

結構はまったのでメモ。

 

まずはpyximportを使ってみた。

ImportError: Building module cythontest1 failed: ["CompileError: command 'gcc' failed: No such file or directory\n"]


 gccが見つからないらしい。

visual studio入ってるはずなんだけど…

 

1.使うVisual studioを変更

なぜかC:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 9.0

に\VCがなくて、pythonが見に行ってるのもそこみたいだったので

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC

をみにいってくれるようにする。

Pythonモジュールのインストール:脈絡もとりとめもない独り言:So-netブログ

  SET VS90COMNTOOLS=%VS140COMNTOOLS%

ipython notebookでははじめに!をつける

 

2.pyximportのコンパイラ指定

mingw - Cython pyximport error on Windows - Stack Overflow

mingw_setup_args={'options': {'build_ext': {'compiler': 'mingw32'}}}
import pyximport; pyximport.install(setup_args=mingw_setup_args)

 

3.pythonのdistutilデフォルトを設定

C:\Python27\Lib\distutils

にdistutils.cfgを作って

[build]
compiler=mingw32
[build_ext]
compiler = mingw32

とかく。

 

3.setup.pyにnumpyのヘッダの位置を教える(意味あったのか?)

Cython+Numpyメモ - 星を求める蛾の願い

CythonでCのモジュールにnumpyオブジェクトを渡す - たまに書きます

python - Make distutils look for numpy header files in the correct place - Stack Overflow

from distutils.core import setup
from distutils.extension import Extension
from Cython.Distutils import build_ext
import numpy
setup(
    cmdclass = {'build_ext': build_ext},
    ext_modules = [Extension("cythontest1", ["cythontest1.pyx"],
        include_dirs=[numpy.get_include()]
        )]
)

 

4.gccpython用に

python - Error: command 'gcc' failed: No such file or directory - Stack Overflow

msvcr**.dllのどれをdefault runtimeにするか聞かれたんで、

  • msvcr140.dll (Visual C++ 2015の場合)
  • msvcr120.dll (Visual C++ 2013の場合)
  • msvcr110.dll (Visual C++ 2012の場合)
  • msvcr100.dll (Visual C++ 2010の場合)
  • msvcr90.dll (Visual C++ 2008の場合)

でえらぶ。no python found in the registried らしい。バージョン合わないとのこと

 

4.cython magic使う

せっかくipython使ってるんでcython magicのほうが楽でしょうと思ったけどだめ。
ImportError: Building module cythontest1 failed: ["CompileError: command 'gcc' failed: No such file or directory\n"]

 

5.mingwダウンロード

入ってなかったぽい。入れるとcython magicは使えるようになった。

mingwのサイトでダウンロードして、

f:id:sunakku:20161113230751p:plain

このあたりを選んでインストール。

pathを通して、

C:\MinGW\bin
C:\MinGW\MSYS\1.0\local\bin
C:\MinGW\MSYS\1.0\bin

 

結局やったのはこれで質問者がやったと書いてる一通りのやつでした

python - Cannot get Cython to find the MinGW gcc compiler even after editing PATH, making a file in distutils, removing all instances of -mno-cygwin - Stack Overflow

日本人用GRE Physics対策法

GRE physics

日本人用って書きましたが特別なことはないです。開催場所がETSの気分次第なのが辛いですねw 飛行機でテスト受けに行くとか一生ない気がする。

GRE physicsは170分で100問です。1問1問は簡単ですがミスすると-1/4点なので(だったと思います。確認してみてください)、慎重さと慣れが求められます。センター試験みたいにマークシート式でした。

reporting timeに着いたら皆既に居たんで、それよりは前についておくと良いと思います。

 

◯対策

ETSのページにsample questinsがあるので、はじめにそれで範囲と雰囲気を掴みましょう。

https://www.ets.org/s/gre/pdf/practice_book_physics.pdf

 

いろいろ調べた結果、おすすめはこれらしい。

Sterling Test Prep GRE Physics Practice Questions 

模試が10問ほどと、分野別の問題集がついてます。めっちゃ重い。

模試を解く->間違えた問題に対応する分野をちょっと分野別の問題集で練習

を繰り返してました。結局2週間くらいしかやってないけどそれはおすすめしません…

中途半端にわかってると凡ミスでマイナスがついて余計悪い点になる気がします。少なくとも1~2ヶ月準備したほうが良いかと。

 

Sterling prepには量子力学統計力学、相対論があんまり載ってないので注意!!

院試を通り抜けたのなら(大学にもよりますが)大丈夫だと思います。

 

理系学生のためのGRE general生き残り法

大学院留学の関門の1つであるGREは、英語に親しみのある人でも問題を見たら引きますw

アメリカ人も対策してくるような試験なんで、大学側も難しいのわかってるみたいだし恐れることは無いんだろうけど、得点あったほうが嬉しいので頑張りましょう。

 

一ヶ月弱勉強して、GRE math 167, verval 153, AWA 3.5でした。まぁまぁです。

 

◯使った本 

調べた結果これが良さそうでした。

5 lb. Book of GRE Practice Problems (Manhattan Prep GRE Strategy Guides) (English Edition)

AWA用にこれも買ったんですが、5 lb. Bookにもある程度載ってるのでいらないかも。

GRE Reading Comprehension & Essays (Manhattan Prep GRE Strategy Guides) (English Edition)

あと、単語はアプリiknow!を利用しました。(有料ですが…)

GRE用の単語集があって1番便利だった。TOEFL用の単語もGREに使えたりしました。紙の単語集もいいんだけど個人的には高いし面倒なんでやめました。

1ヶ月1000円、1年で9800円とかだった。試験までに500単語くらいは

やってたと思う。1000単語行けば高得点も狙えそうです。

 

◯勉強法

 

 

 

大学院留学 statement of purposeの書き方

大学院留学のためのES的な文章、statement of purposeを書く際に参考になったサイトのメモ。

 

◯校正

Graduate school personal statement - Grad school admissions essays. Visit EssayEdge.com

がいいらしい。

 

◯サンプル

Introduction to Writing the Statement of Purpose

にあるsample SOPsがすごい役に立つ。

Sample Statements of Purpose

 

特に、physicsでcornellとかに受かった人の

http://alumnus.caltech.edu/~natalia/studyinus/guide/statement/st4/4.htm

http://alumnus.caltech.edu/~natalia/studyinus/guide/statement/st3/5.htm

http://alumnus.caltech.edu/~natalia/studyinus/guide/statement/st2/1.htm

が参考になる。

 

http://alumnus.caltech.edu/~natalia/studyinus/guide/statement/st2/4.htm

これは18歳でbachelor取る天才なんで見ても参考にならないw