読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memoryfolder

メモです

大阪発屋久島旅行のコスト(2泊3日) - トータル29,400円

屋久島で宮之浦岳トレッキングか、縄文杉トレッキングをしようと思っています。
まず、屋久島まで。鹿児島港で一泊が必要です。

関西空港-鹿児島空港:往復13000円
LCCpeachのみ。オフシーズンだと平日休日たいだい往復13000円程度です。

鹿児島空港-鹿児島港:学生割引で往復6600円
屋久島までは鹿児島港からフェリーで行きます。安いのはフェリー屋久島2ですが、一日一本づつしかない。
調べた時(2017年5月時点)は
鹿児島発 宮之浦着
8:30 12:30
宮之浦発 鹿児島着
13:30 17:40
のみでした。なので鹿児島港あたりで一泊の必要があります。

・鹿児島港泊:1800円
ドミトリー部屋でじゃらんで探したら1800円くらいのもありました。

屋久島泊:3000円
ドミトリー部屋で3000円のところがあります。

屋久島内移動:5000円?
日帰りで縄文杉トレッキングするにはタクシーが必要らしい。
バスを利用するにしても片道850円など結構かかるそうです。
体力を考慮して決めてください。


合計:29,400円 の予定。もっとかかるかも。

pyVISAでオシロスコープを操作する

pyVISAを使います。NI-VISAをダウンロードする必要があるかも。
class oscillo():
def __init__(self):
#setup oscillo
self.rm=visa.ResourceManager()
self.oscillo = self.rm.list_resources()[0]
self.osc = self.rm.get_instrument(self.oscillo)
print(self.osc.ask("*IDN?"))
self.osc.write("CH1:SCALE 1E0")
self.osc.write("HORIZONTAL:MAIN:SCALE 2E-3")
# make the measurement
print self.readoscillo()

def readoscillo(self):
time.sleep(1.4)
return self.osc.query_ascii_values('measurement:meas1:value?')[0]

3300を使うとなぜか1.4秒ごとにreadしないと値がおかしくなってしまいました

pythonで数値計算 - 積分がしたい

物理系のシミュレーションをしています。積分をする時に単純にsumをとってしまい計算がおかしくなったことがありました。ちゃんとsimps等で近似計算をしましょう。
scipy.integrate.simps — SciPy v0.14.0 Reference Guide

x軸が
x=np.linspace(-10,10,10000)*10e-6 #micro meters
などと定義されてれば単位も完璧です。

integral = simps(x,y)とすればOK

無数の点光源画像からPSFを求めるpythonコード

MMDMを使ったmicroscopyの収差補正のテストをしています。
直径100nmのtetraspekをつかって画像が見えたのは良いんですが、zernike係数を動かしたりした時のPSFの変化が解析出来ないと困るのでpythonでコードを書いてみます。

解析したいのは下のような画像。
(画像)

まずは
画像からピークを検出して表示 - memoryfolder
でやったようにピークを検出してその中心位置をarrayとして得る。その過程でピークの数も得られる。

次に、その中心位置が画像の端でないか確認して40*40 pixelのPSFを40*40*(peak number)のarrayに入れていく。

最後にpeaksをaxis=2に対して平均すれば、平均のPSFが分かる。この際すべてのPSFをフィッティングして合わないものを排除すればさらに正確を期せるはず

コードはこちら、汚いですが。

>||
import matplotlib.pyplot as plt
import skimage.morphology as morph
from skimage.filters import threshold_adaptive
import numpy as np
import math
from scipy.ndimage.filters import gaussian_filter
from scipy.ndimage.measurements import label, center_of_mass
from PIL import Image as pil


image = "ImageSingle.png"
im =np.array(pil.open(image))[:,:,1]/255. #retrieve monochro image

#get peak positions
disk = morph.disk(2)
filt = gaussian_filter(im,3)#1
thres = threshold_adaptive(filt, 35, offset=-0.28)#13,-150
#er = morph.erosion(thres,disk)
#xlist, ylist = np.unravel_index(np.where(thres.ravel()==True),thres.shape)#atom place
lbl,num = label(thres)
peaklist = center_of_mass(thres,lbl,np.arange(num)) #position list

#get peak shapes... 40*40pixels?
peaks = np.zeros([num,40,40])
for i in xrange(num):
if peaklist[i][0]>0: #avoid using "nan" data
if (peaklist[i][0]>20)&(peaklist[i][0]<932)&(peaklist[i][1]>20)&(peaklist[i][1]<932): #avoid peaks around edge
print i
peaks[i] = im[int(peaklist[i][0])-20:int(peaklist[i][0])+20,int(peaklist[i][1])-20:int(peaklist[i][1])+20]

#average and display result
peak = np.average(peaks,axis=0)

plt.figure()
plt.imshow(im)
plt.figure()
plt.imshow(peak)
plt.show()
|

JASSO奨学金検索サイトには載っていない奨学金(大学院留学)

JASSOで奨学金を探して、すべて見つけた気でいましたが他にもあることに気が付きました。ショックです。今後増やしていきます。

孫正義奨学金
孫正義奨学金 募集要項

別のディスクにcdする

cd /D Z:
のようにすればできました。

おなじLANにあるPCのフォルダをマウントしておけば、他のPCのプログラムを実行したいときなど便利なはず

numpy、scipy、のインストールがpipでできないときの対処法

NumPyのインストール - Python入門から応用までの学習サイト
に書いてある方法。

http://www.lfd.uci.edu/~gohlke/pythonlibs/
にアクセスして自分のPCに合ったwhlファイルをダウンロードして(Ctrl+Fが便利。cpのあとの数字はpythonのバージョン。最後の数字はPCのビット数)、
python -m pip install [file name]
でOK!

失敗してももう一度実行するとうまく行ったこともありました。